FC2ブログ
<プロ野球>小川投げ合い制す、菅野ガックリ…ルーキー対決個人的な趣味や気になった事など、日々の出来事を書いているスエマヒロのBlogです(*^_^*)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
TOPスポンサー広告スポンサーサイト

<プロ野球>小川投げ合い制す、菅野ガックリ…ルーキー対決

こんばんは!


今日もお仕事お疲れ様です!

それでは本日のプロ野球試合結果をお伝えします(*^_^*)

 ○ヤクルト4−2巨人●(27日・神宮)

 巨人ドラフト1位で3連勝中の菅野。ヤクルト2位で2連勝中の小川。注目されるルーキー対決を制したのは「新人同士なので負けたくなかった」と話した小川だった。

 冷静かつ大胆だった。中堅方向から本塁に向けて強風が吹いていたため、左足を高々と上げる独特のフォームではバランスを崩しやすい。しかし、「前に突っ込まないようにしっかり間をとればいい」と対応。逆に直球が有利になると判断して多投した。

 勢いの増したストレートで、ストライクゾーンの四隅を丹念に狙う。かと思えば、突然カットボールやチェンジアップの割合を増やして的を絞らせない。

 逆境にあっても、動じなかった。五回に先頭のロペスに初安打を許し、失策で無死二塁となっても「球自体は悪くない」とひょうひょうとしたもので、後続を断つ。六回に坂本に逆転弾を浴びた後もコーナーワークがさえて切り抜けた。結局、「すごい打者がそろっている」と警戒していた巨人打線を7回3安打で2点に抑えた。

 一方の菅野も好投を続けたが、六回に先頭の田中浩に四球を与えてからリズムを崩し、バレンティンに3ランを浴びて6回4失点で降板した。

 ヤクルトの小川監督は「新人であれだけ投げてくれれば十分です」とにっこり。館山、バーネット、由規とけが人だらけの投手陣のなかで貴重な存在となっている。【岸本悠】

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130427-00000095-mai-base
※この記事の著作権は配信元に帰属します。



本日も最後まで記事をお読みいただきありがとうございました!(^^)!



また次回の記事もお楽しみくださいませ。
TOP未分類<プロ野球>小川投げ合い制す、菅野ガックリ…ルーキー対決

このエントリーにお寄せ頂いたコメント

URL:
コメント:
 

このエントリーにお寄せ頂いたトラックバック

このエントリーへのトラックバックURL

スポンサードリンク

Copyright © スエマヒロのBlog All Rights Reserved.
ほったらかしでも稼げるFC2ブログテンプレート [PR]
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。